静岡時代41号

  1. 日常遣いの食のおもてなし極意

    「おかえり」から始まる、美味しく温かな食の空間へ人と人とを繋いでくれるのは「食事」だけではない。その場の空気、互いの所作も人と人とを繋ぐ空間を演出する。「おもてなしする側」から見た食と人とのつながりって?老舗寿司屋「寿し…

  2. 下心がわかる?【勝負飯】を手に入れろ!

    デートするなら同じ飯を食え!使える! 心をくすぐる食論。人と人をつなぐ「勝負飯」の効果を“もっと…

  3. 物語に学ぶ!食と人との意味性

    いつの時代も食は人を繋ぐ。食のタイムトラベルの誘い過去から現在にいたるまで、食にまつわる物語はど…

  4. すべての食には意味がある!文化人類学から紐解く、食の民族性とは?

    文化のはじまりは「煮る」「揚げる」だった!今でこそ安定的に供給される食であるが、かつては隣接…

おすすめ記事

  1. 岩井淳先生(静岡大学人文社会科学部教授)に訊く 「権力の実体と行使について」
  2. 強さを求めて非日常へ足を伸ばす〜龍津寺座禅会
  3. 「生き延びる力」〜そもそも強さってなんだろう?
PAGE TOP