静岡時代奨学基金募集案内

 

静岡時代奨学基金募集案内

 

konomachi2

kikin_setsuritsusyushi_08

静岡県の大学生や高校生を対象とした大学情報誌を企画制作するNPO法人静岡時代が平成28年度より始めた「静岡時代奨学基金」。 人口減やグローバル化に伴い、大学の統廃合は全国的に進んでいます。
中でも静岡県は若い世代の県外流出が課題です。私たちは「静岡県で学べること」 を掘り起こし、つくり、静岡県を日本・世界に誇れるような学問都市にしようと活動しています。

学問や研究には時間と資金が必要です。静岡時代の収入の一部と各方面からの寄付金を中心に基金を設立しました。「奨学金」として大学生や高校生へ給付することで、大学での学びを金銭的な面でも後押しします。さらに、給付学生・研究室の学びの成果物を県内外へPRし、静岡の大学社会の学びとイメージの質向上を目指しています。

kikin_tokucho_10

年々、国公立も私学も学費は増すばかりです。経済的な理由で進学を諦めたり、学費や生活費捻出のためにバイトに明け暮れ、大学での勉強の時間がなかなか取れない学生が増えています。そうしたひとたちをひとりでも減らしたい。『静岡時代奨学基金』は、静岡県の大学生とその卒業生が運営する静岡時代の奨学金は、卒業生・卒業していく大学生が後輩学生へ贈る返還不要の「学びのための奨学金」です。開始したばかりでまだまだ給付額は少ないですが、ご応募をお待ちしています。

対象となる学生は下記の通りです。

(1)「静岡県の高校または大学(短大含む)に所属している者」

(2)「静岡県在住で高等学校卒業程度認定試験に合格者」

以上の条件を満たしていれば、誰でも応募できます。

bosyuyoukou02_87

kikin_kenkyu_12

静岡時代奨学基金は2部門からエントリー可能。

(1)静岡時代部門
将来性を説明可能で既に着手している(準備も含む)研究を支援
給付額は20万円を予定。

(2)静岡未来部門
まだアイデアレベルの研究へのスタートアップを支援
給付額は10万円を予定。

・各部門ごと、静岡県の大学(短大含む)に所属している個人または一つの研究室に給付する。
・一次選考の作文テーマは「研究内容とその社会性」(文字数:800~1000文字)。

kikin_shingaku_14

進学支援は、下記2つの作文と面接にて選考。

(1)高校と大学の違い

(2)現時点での第一志望の大学とその動機
→ 各作文の文字数は800~1000文字。給付額は5万円を予定。1~2名に給付する。

・静岡県の高校に所属している3年生、または静岡県在住で高等学校卒業程度認定試験合格者を対象。どちらも大学進学希望者に限定します。ただし、大学進学希望先は問いません。

syougakukikin_oubo_99

静岡時代HPの奨学金ページより、申請書をダウンロードしてください。
申請書をご記入の上、申請書の原本と、在学証明書(原本)と一次選考の作文(副本可)をあわせ、下記住所まで郵送してください。応募受付後、事務局よりご連絡させていただきます。

〒420-0042 静岡県静岡市葵区駒形通1-3-4 305号室
NPO法人静岡時代 平成29年度静岡時代奨学基金担当宛(応募締切:平成28年10月31日必着)

■申請書ダウンロードはこちら下記の赤いボタンから(PDF約430KB)

shougakukinshinseishodl

 

kikin_yotei_16

静岡時代奨学基金応募の流れ

syougakukikin_koe
更新予定です

syougakukikin_midashi_onegai
更新予定です

kifu_button_blue

静岡時代の活動について

静岡時代奨学基金

PAGE TOP